[ K50Project:目的 ] K50Project Home

past k50 project future
プロジェクトの目的

K50Projectの目的は以下の通りです。

  • 駒場祭の各種資料を収集する。
  • 駒場祭の各種事象を整理する。
  • 駒場祭の各種事象を分析する。
  • 駒場祭の未来構想を立案する。
 そしてこれらの成果は駒場祭参加企画・来場者、委員会関係者、一般の人々の3つを対象に発表されます。

  1. 参加企画・来場者

     来場者/参加企画に、過去の駒場祭を懐かしみ、現在の駒場祭を楽しみ、未来の駒場祭を想うきっかけを与えます。

  2. 委員会関係者

    ・過去から現在に至る駒場祭の流れを総覧する視点を与え、在りし日の駒場祭を懐かしみます。
    ・駒場祭の諸企画や諸制度を総覧する視点を与え、駒場祭の全体像を把握します。
    ・上記二点から、駒場祭の意義の再構築、問題点の整理分析を行い、未来の駒場祭へと生かしていきます。

  3. 一般の人々

    ・駒場祭という存在を世に広め、様々な人に興味を抱いてもらうきっかけを与えます。
    ・他大学の学園祭関係者が、自らの学園祭を考える際の契機を提供します。


このページに関するお問い合わせは[wilastone@dream.com]まで。
This page is made by WIL.