[ 駒場祭Library:History ] 駒場祭Library Home

第11回駒場祭〜第15回駒場祭
| 1-5 | 6-10 | 11-15 | 16-20 | 21-25 | 26-30 | 31-35 | 36-40 | 41-45 | 46-50 |
第11回駒場祭
1960年(昭和35年)11月19、20日
  1. 安保闘争の教訓を学び、
    更に民主主義運動を発展させよう
  2. 学問の自由と学園の自治に対する
    政治権力の介入を阻止しよう
  3. 若き可能性と主体性の追求のために

 安保闘争の直後企画では昨年同様安保闘争を取り上げるものが多く、前年とはうってかわった深刻な内容の企画が目立った。サブタイトルに「樺美智子さんに捧ぐ」とあった。予算は174万円。5万人の人出で賑わった。一番売れたのが生協喫茶部のBランチ(70円)と寮食のカレーライス(50円)。後に東大闘争で中心的役割を果たす最首悟氏が委員長を務めたが、「バカ騒ぎだけの祭りならば不要」と言い切った。

第12回駒場祭
1961年(昭和36年)11月18、19日
反体制の新しいいぶきを
真の人間性追求のために

 雨に降られて人出が激減し、寂しい駒場祭となった。第6委員会が企画に賞品を出すことになった。「お祭り」化が顕著で、合唱祭が人気を集め、石原慎太郎氏、犬養道子氏の”青春座談会”を見ようと多くの若者が詰めかけた。靴磨きをするという企画が現れた。コチコチのテーマとは裏腹に軟派な企画が増えた。

第13回駒場祭
1962年(昭和37年)11月17、18日
(テーマ不明)

 大学管理法案の国会上程をめぐり、大学自治擁護の闘いが盛り上がる中で開催された。マイカーが増えたのもこの頃。自動車部の展示では借り物の自動車に何かあったら大変と部員一同寝ずの番だったとか。

第14回駒場祭
1963年(昭和38年)11月16、17日
俺たちでつくろう おしきせはごめんだ

 例年渋谷方面へ出ていた仮装デモが学生部等の介入で出られなくなったが、「総花的」の傾向が見えた。企画数も一挙に百を越え、盛り沢山となる。祭典以前にも学部側との間にトラブルもあり、駒場祭の自主的な運営・学生の自治が問題となった。またこの年のプログラムの裏表紙には先着500名様に”ハゼの天ぷら券”がついていた。

第15回駒場祭
1964年(昭和39年)11月14、15日
平和観念の死滅を救え!!
押し返せ反動化 創り出そう未来を
反戦意識の新たなる胎動を!

 民青系全学連が安保闘争以来4年ぶりに再建され、後に激しくなる学生運動に向けての重要な年になった。クラス企画が前年の3倍の28企画と急増し、その後のクラス企画の多彩さにつながることとなる。原潜寄港、改憲の動き、日韓会談に対して激しい非難を浴びせた駒場祭だった。


このページに関するお問い合わせはこちら。
This page is made by WIL.